成果報酬により給与・年収が上昇

外資系企業の報酬体系とは?

日本企業の報酬体系は伝統的に年功序列制が採用されているケースが多いと言われていますが、外資系企業においては、そのような報酬体系が採られていることはむしろ稀であり、多くの場合は成果報酬制度が導入されているのが一般的です。この成果報酬というのは、その名の通り、あらかじめ設定されている成果目標の達成度に応じて報酬水準が決まるというものです。成果を上げれば上げるほど得られる報酬は多くなっていくわけですが、必ずしも青天井でもらえるわけではないという点に注意が必要です。とはいっても、結果を出せばその分だけ報酬金額が増えることから、仕事のモチベーションを維持するためには適した制度ということができるでしょう。

成果報酬により報酬は増えるのか?

一般的に外資系企業の方が日本企業よりも報酬水準が高いと言われることが多いようですが、これは本当でしょうか。外資系企業では前述の成果報酬制度が採られているところが多いため、好成績を上げることができる優秀な人材にとっては、日本企業から外資系企業に転職することによって得られる報酬を大幅にアップさせることができる可能性があるというのは事実です。一方で、そこまでビジネススキルが高くない人にとっては、外資系企業が求める成果を残すことができるとは限らないことから、必ずしも報酬がアップするケースばかりという訳ではありません。そのため、外資系企業への転職によって報酬を増やせるかどうかは、その人が有するビジネススキルによるということができるでしょう。